今すぐ知りたい肩こり解消法

肩こりの原因

なぜ肩はこるの?

多くの日本人が悩まされている「肩こり」、その解消方法について解説します。 肩こりは一般的に肩が「張る」「重苦しい」「凝り固まる」感覚で知られています。

しかし世界的に見ると、肩ではなく背中や首の裏側など、日本人の認識や表現とは少しずれたところを指した疾患として扱われています。外国で「ああ、肩がこる」などと言ってもあまり理解を示されず、時には妙な顔をされるかもしれません。

また、諸説あるものの、その原因は未だ明確には解明されておらず、謎の多い症状でもあります。単純に「肩がこる」といえども、その症例は幅広く、またそれぞれ異なった解消法があるということが言えます。さらに我々日本人にはあまり良くない話ですが、こうした症状は日本人に多く見られるもので、欧米などと骨格の差こそあれ、ある種の風土病とも言えるかもしれません。我々日本人の多くは勤勉で一所懸命ですが、もしそれが災いしているとなると、いささか皮肉な話でもあります。我が国は長寿大国でもありますので、肩こりとは上手に付き合っていく必要がありそうです。

肩こりは学術的に言って、頸肩腕症候群の初期症状とも捉えられますが、上述の通り東洋、ひいては日本での多くの症例においてはその症例はもう少し幅広く、また異なってもいます。主な症状の起こる部位は僧帽筋の肩上部、そして頸部、深層筋にまで至ります。最初は軽い圧迫感であったものが、進行するにつれその強度を増し、やがては耐え切れないほどの痛みを伴う場合があります。触ってみると痛みを伴う部位が硬直しているのが感じられるでしょう。

肩こりは広範にまた深くその症状をもたらすので、日常生活に支障を感じる方も少なくありません。このサイトで肩こりの「正体」と「付き合い方」を知って、日頃から解消を心がけて、無理のない生活を送りましょう。あなたの肩こりはどんな痛みですか?何が原因でどこがどのように痛むのでしょう?

肩こりを日頃から意識して解消することにより、あなたの生活はより豊かになるかもしれません。集中力がないのはあなたの能力の問題でしょうか。イライラして周りに当たってしまうのはあなたの性格の問題でしょうか。そこに肩こりが関わっているとしたら、そしてもしそれを克服できたとしたら、我々はもっと自由に、余裕のある人間になれるかもしれません。